【安田記念】イスラボニータ圧巻の瞬発力!復活してほしい

モーリスはさすがに別格ですから3着以内には入るでしょう。

それ以外の2頭の中のうちの1頭はこのイスラボニータを推します。

獲物を追う黒ヒョウのようなストライドだった。イスラボニータと先行する僚馬2頭との差は向正面でおよそ15馬身。4コーナーでもまだ5馬身以上の開きがある。圧巻のシーンはラスト1F。主戦・蛯名の手綱が緩んだ途端に漆黒の馬体が躍った。まばたきする間もなく内から鼻面を合わせてのゴール。前肢をほぼ水平に伸ばす絶好調時の走法こそ影を潜めたままだったが、大きな跳びでWコース5F65秒9、ラスト1F12秒0の瞬発力だ。-スポニチ引用

大好きな馬の1頭です。ここ最近は微妙な成績ですが1流の馬には違いありません。

昨秋までG1戦線で首位争いを演じながら、今春は中山記念9着、大阪杯5着。不本意な結果に終わった。「気を抜く面があるんだ。中山記念でもレース後、すぐに息が戻っていたように本気で走っていない。何とかしたいと思って努力している」(同師)。復活を懸けた勝負手が、離れた後方から気持ちを最後の1Fに集中させる調教だ。-スポニチ引用

気分屋さんですね。このレースで後から爆発して差しまくって欲しいです。

この辺で復活してくれないとまずい気がします。

ダービーで悔しい思いをした蛯名にも期待しています。イスラボニータを復活させてほしいです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする