【オークス】ロッテンマイヤー調教師の池添弟とシンハライト騎乗予定の池添兄の兄弟対決

ロッテンマイヤー調教師の池添弟とシンハライト騎乗予定の池添兄の兄弟対決が実現しそうです。

開業2年目の池添学師にとっては今回がG1初挑戦。中村均師(84年トウカイローマン・35歳8カ月8日)に次ぐ2番目のオークス年少優勝記録35歳8カ月21日が懸かる。また、兄・池添謙一がライバルのシンハライトに騎乗。“兄弟対決”も注目されるが「あの馬は強いけど、意識はしない。普段通りやって、いい状態で出走させるだけ」と自然体を強調する。舞台の2400メートルにも「大丈夫。乗り方ひとつ」と力強い。昨年のミッキークイーンに続く、忘れな草賞勝ち馬のVへ-。若きトレーナーが偉業達成を狙う。

開業2年目の池添学師にとっては今回がG1初挑戦。中村均師(84年トウカイローマン・35歳8カ月8日)に次ぐ2番目のオークス年少優勝記録35歳8カ月21日が懸かる。また、兄・池添謙一がライバルのシンハライトに騎乗。“兄弟対決”も注目されるが「あの馬は強いけど、意識はしない。普段通りやって、いい状態で出走させるだけ」と自然体を強調する。舞台の2400メートルにも「大丈夫。乗り方ひとつ」と力強い。昨年のミッキークイーンに続く、忘れな草賞勝ち馬のVへ-。若きトレーナーが偉業達成を狙う。引用-デイリースポーツ

兄弟対決とはおもしろくなってきましたね。

池添弟のプロフィール

兄は池添謙一騎手、父は池添兼雄調教師。競馬一家の次男に生まれ、大学時代はオリンピックを目指すほどの馬術の才能を発揮。開業2年目に突入する注目トレーナー

そしてロッテンマイヤーですが全レースの成績はこちらです

2016/4/10 阪神 忘れな草賞(OP) 1着 川田将雅 芝2000
2016/2/13 東京 デイリー杯クイーンC(G3) 3着 フォーリ 芝1600
2016/1/10 京都 3歳新馬 1着 フォーリ 芝1800

さすがにこの3レースだけでは実力は計れません。未知数な部分が多い馬と言えるでしょう。

逆に言えばそこが怖いところです。

池添兄の騎乗予定のシンハライトを超えるような馬の可能性も十分考えられます。

ここにも小さなドラマがあります。今年のオークスは大きなドラマこそ少ないですが

このような小さなドラマにも注目していきたいところですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする