【日本ダービー】落鉄に泣いたサトノダイヤモンド。次こそG1獲ってくれ

日本ダービーの結果ですがマカヒキが見事に1着という結果でした。

私自身はサトノダイヤモンドを応援していたので悔しい結果となりました。

落鉄という不運に苛まれましたね。

しかしレースを見ていた人ならばサトノダイヤモンドがまだG1取っていないことが

不思議に思えたでしょう。それぐらいすばらしい走りでした。次こそ必ずG1獲得願っていま

す。

サトノダイヤモンドとの一騎打ちを制したマカヒキの勝利で幕を閉じた第83回日本ダービー(29日、東京芝2400メートル)。皐月賞組のレベルの高さを改めて見せつける一戦となったが、2&3着馬にはダービーで不可欠といえる「運」がなかったのも事実。3歳の頂上決戦の明暗を分けたのは何だったのか?

「マカヒキとはいつも同じところにいてポテンシャルはすごく高い。でもハナだけ…」

わずか8センチの差で世代の頂点を逃した2着=サトノダイヤモンドのルメールは、悔しさをにじませてレースを振り返った。抜群のスタートを決め、道中は前にエアスピネル、内後方にマカヒキを見る形。「完璧だった。馬もリラックスしていたし、我慢して反応も良かった」とルメール。直線はマカヒキとのデッドヒート。ただ、今回わずかに足りなかったもの…それはダービー制覇に最も必要とされる「運」だったのかもしれない。

「向正面くらいかな。左トモを落鉄したのが痛かった。前(脚)もつらいが、後ろは推進力の源だからね。引っ掛けられた傷もあった。(ウサイン)ボルトもはだしでは走れないでしょ? 残念です」と池江調教師。

左トモの落鉄は他馬との接触の可能性大だが…。いずれにせよ、陣営には悔やみきれぬアクシデントだったに違いない。

「でも、この馬はもっと良くなる」と最後に前を向いたルメール。そして池江調教師は秋のターゲットに菊花賞、天皇賞、凱旋門賞…と幅広い選択肢を掲げた。ダービー馬の称号こそ譲ったが、銀メダリストの秋のリベンジを期待したい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする