マイルチャンピオンシップはイスラボニータ?

なんだかんだで強い馬です。

マイルチャンピオンシップの本命はイスラボニータでいいですかね。

イスラボニータの1週前追い切りは南ウッド6ハロン82・0―38・3―12・5秒。前走(富士S=2着)時よりもストライドが大きくなって迫力アップ。ひと叩きで着実に上昇中。

栗田博調教師「1週前追い切りは直線で気合をつけた。重苦しかった前走時より反応は良かった。昨年(3着)は着差を考えればゲートの後手が痛かった。万全の態勢を整えて臨みたい」

とありますしなんといっても今回の鞍上はルメールです。

蛯名ではありません。そこがポイントです。

ルメールが鞍上のときは数少ないですが2レースあって

2014年天皇賞・秋 3着
2016年富士ステークス 2着

と複勝率100%です。ここは期待してもいいんじゃないでしょうかね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする